筑波大学未来社会
工学開発研究センター

R&D Center for Frontiers of MIRAI in Policy and Technology
Society 5.0を実現する
モビリティインフラの先端研究拠点

お知らせ

Photo
About us

F-MIRAI について

Society 5.0を実現する
モビリティインフラの先端研究拠点

未来社会工学開発研究センターは、地域未来の社会基盤づくりに向けて研究・社会実装を推進する本格的な産学官連携のオープンラボ拠点です。社会工学を核として、筑波大学の学際性と複数企業群による先進技術と自治体による実証実験の連動で地域の経済・社会課題解決への具体的な政策提言と社会実装を促進します。なかでも、人と社会と自然が共生する地域未来の社会像を見据えて、全ての人が地域差や個人差なく移動ができて、活き活きとした暮らしを実現する次世代自動車交通技術サービスを最重点研究します。また、研究拠点として、産々学々・広域連携を積極的に進めます。

Message

メッセージ

移動の自由は人類の根源的な希求です。自動運転、電動化、水素社会、シェアリング、データ利活用などの社会実装は、個社では解決できない課題に直面しています。社会受容性の醸成、法規制・社会制度の整備、国際協調が必要となり、ルール形成力を持つ人材も求められます。
そこで筑波大学とトヨタ自動車(株)は、Society 5.0を実現するモビリティインフラの先端研究拠点として、未来社会工学開発研究センターを設立しました。地域社会の次世代自動車交通基盤への提言やモビリティイノベーションの社会応用の研究に着手しています。社会工学を中核とした国際統合睡眠医科学研究機構やサイバニクス研究センターとの連携や数学応用で、学際性ある融合研究とオープンラボ機能を発揮して組織的な産学官連携による拠点形成を進めます。

Photo
髙原 勇
筑波大学特命教授、博士(社会工学)
Project

プロジェクトの目的

Society5.0を実現する
次世代自動車交通基盤の検証

本プロジェクトでは、自動車依存度の高い我が国地方部における課題の解決を目指し、自動車の技術革新を社会に応用する基盤となる「次世代自動車交通基盤」のコンセプト検証を行います。自動車の技術革新は、交通事故根絶、渋滞解消、モビリティの利便性向上等の交通分野の課題解決だけでなく、移動の自由を確保し、時空間制約を解放することで新たな社会サービス・雇用の創出、ひいては地方の経済・社会課題にも寄与することが期待されています。様々な自動車の技術革新を社会とつなぎ、社会変革の基盤となる「次世代自動車交通基盤」を構築することで、将来的には社会課題解決と経済成長の実現、地域の経済循環を高めることにつなげていきます。

テーマ1

社会課題解決

  • 交通事故ゼロ
    Images
  • 利便性
    Images
  • 渋滞解消
    Images

課題 / 移動の自由・時空間制約の解放

「安全・自由・スムーズに移動できる社会」
テーマ2

地域経済成長

  • 新たな地域サービス
    Images
  • 地域の持続
    Images
  • 地域包括ケア
    Images

課題 / 新たな社会サービス創出

「オンデマンドを超える移動可能なサービス」

F-mirai プロジェクトの目的

「モビリティイノベーションの社会応用」
  • Images
    IoT車両情報
    つながるクルマ
  • Images
    協調型ITS
    自動運転
  • Images
    モビリティプラットフォーム
    シェアリング
  • Images
    エネルギーマネジメント
    電動化・水素社会
Promotion

推進体制

オープンイノベーションでの
プロジェクト推進

複数の企業群、自治体群、大学群による産学官連携、大学間連携、国際イニシアティブへの訴求、人材育成のため、大学キャンパスを中核とする未来社会のモビリティ・インフラの先端研究拠点を形成し、SDGs と調和する「次世代自動車交通基盤」の理論化と地域実装を推進します。今年度末までに産学官連携によるモビリティ イノベーション協議会を⽴ち上げ、必要な規制緩和や実証実験に要する支援措置などを受けるとともに、既存の国際戦略総合特区や協議会・委員会と連携していきます。そして、プロジェクト実現を妨げる法制度などボトルネックを明らかにしながら、実装エリアを周辺地域、さらに国内地方部へ横展開させる。激しい国際競争の中で規制・規格づくりや制度設計への提言を行い、成果を国内外へ発信していきます。

産官学連携についての図

社会工学を核とした学内外組織と連携

筑波大学

  • システム情報系
  • サイバニクス研究センター
  • 国際統合睡眠医科学研究機構
  • 人工知能科学センター
  • ビジネスサイエンス系
  • 体育系
  • 芸術系
  • 国際産学連携本部

学外組織

  • 官庁・自治体
  • 国立研究所
  • 国内外大学
  • 日本経済団体連合会
  • 産業競争力懇談会
  • 日本プロジェクト産業協議会
Member

メンバー

  • Photo
    髙原 勇 特命教授
  • Photo
    内田 史彦 教授
    副センター長(国際産学連携本部審議役)
  • Photo
    大澤 義明 教授
    副センター長,システム情報系
  • Photo
    柳沢 正史 教授
    副センター長,国際統合睡眠医科学研究機構長
以下五十音順
  • Photo
    秋山 茂樹 教授
    数学系
  • Photo
    安東 弘泰 准教授
    システム情報系
  • Photo
    櫻井 鉄也 教授
    人工知能科学センター長
  • Photo
    猿渡 康文 教授
    ビジネスサイエンス系
  • Photo
    山海 嘉之 教授
    サイバニクス研究センター
    研究統括
  • Photo
    鈴木 健嗣 教授
    サイバニクス研究センター長
  • Photo
    谷口 守 教授
    システム情報系
  • Photo
    原 忠信 准教授
    芸術系
  • Photo
    藤川 昌樹 教授
    システム情報系
  • Photo
    吉瀬 章子 教授
    システム情報系
Activities

活動推進実績

学会・産業界等との連携活動と
アウトリーチ、人材育成

学術研究・学学連携

  • ・数理モデルの社会課題への応用と数学人材の育成:東北大学プログラム(GRIPS‐仙台)との連携
  • ・日本都市計画学会、日本建築学会、土木学会、応用地域学会等での発表

アウトリーチ

  • ・国・自治体等主催シンポジウム・フォーラムでの基調講演

産業競争力懇談会(COCN)との連携

  • ・2017、2018年度推進テーマを通じたプロジェクト組成と政策提言 (COCN提言)

人材育成

  • ・地域未来創生教育コース開設
  • ・高大連携プロジェクト実施と地域の若い人材による高大連携シンポジウムの開催
Location

ロケーション

筑波研究学園都市~Society 5.0の実現、SDGs未来都市を目指して~

筑波大学とさまざまな国立研究所を中核とする筑波研究学園都市は、将来を担う若い世代と研究者が国内外から集います。科学技術と国際性への受容性が高く、オープンイノベーションの拠点形成、及びモビリティイノベーションの社会応用とその実装の早期実現が可能な地域として、注目を集めています。2019年には都市計画法が制定されて100年、2020年には筑波研究学園都市建設法が制定されて50年を迎えます。

先人が遺したストックをベースに、次世代モビリティによる交通事故ゼロ、渋滞解消、利便性向上で移動の自由の早期実現を目指します。また、発災時は系統とは独立した分散電源系統の機能を有する初動エネルギー源となり、南海トラフや首都直下型地震への備え、首都のバックアップ機能を併せ持つ、未来社会につながる研究学園都市の実現へ研究開発を推進します。

  • Photo

    ペデストリアンウェイ

    48kmにおよぶ日本最大の歩行者専用道路ネットワークです。新たなモビリティサービスやモビリティステーション(乗り継ぐ拠点、自立型エネルギー拠点)設置などの検証を行う予定です。

  • Photo

    地下共同溝

    主要なペデストリアンウェイの地下には共同溝が設けられており、複数の自立型エネルギー拠点へのエネルギー供給網構築などの検証を行う予定です。

  • Photo

    筑波大学キャンパス内

    周囲10kmにおよぶ広大なキャンパス内は、高頻度で学内バスが運行されており、バス事業者との連携により、交通流・人流を測定し、渋滞の予兆把握や交通手段のスムーズな乗り継ぎなどの検証を行う予定です。

〒305-8575
茨城県つくば市天王台1-1-1 睡眠医科学研究棟 未来社会工学開発研究センター
TEL:029-853-2904
MAIL:info@f-mirai.tsukuba.ac.jp